Primrose Garden

一覧に戻る

Share hand

季節
2018年11月
会場
森と水の教会

担当プランナー 糸原実鈴

Back Ground二人の背景

聴覚障害のお母様の影響もあり、手話の通訳師としてご活躍の新婦・友香さん。
どんな時も一番に友香さんの事を考えてくれているお母様へ どうしても素直になれず
“ありがとう”の5文字が言えないまま、今日まで過ごしてこられました。

「心地よく車に乗らせてもらっているよ」とお客様から言われたことが本当に嬉しかった。
と話す新郎・裕司さんは整備士としてご活躍中。
これまで両親に反対される事や迷惑をかけてしまう事もあったけど、最後の最後には必ず応援してくれた。
とお父様・お母様へ感謝の気持ちをお持ちでした。

Share hand

Conceptコンセプト

普段からご自身の“手”で、関わる皆様の喜びに携わっておられるお二人。
結婚式の日も目の前にいる大切な方へ、言いたかった言葉、言えなかった言葉を
手のぬくもりと一緒に伝えられる1日にしよう。

そしてこの先もお二人で手と手を取り合って
辛い時には1本、線を足し
沢山の幸せと笑顔を共有していかれることを願って…

Share hand

Share hand

Program & Itemsオリジナルのプログラムとアイテム

〇感動の人前式
・新婦からお母様へ手話で想いを伝える。
 中学生の頃からずっと伝えられずにいた想いを伝えられました。
・誓いの言葉は、お母様からの問いかけ。
 お母様から手話で伝えられた想いに、新婦も手話で「はい、誓います」と答えられました。
・皆様からの承認の合図は、リボンワンズにて☆
 手話で拍手は、手を上に挙げてキラキラさせます。
 ゲストの皆様からの祝福の気持ちが、キラキラのリボンワンズと拍手に込められました。
・ジブリが大好きな新郎新婦。
 退場の際にはお二人からゲストへ 手作りのまっくろくろすけとハイチュウを投げ、ゲストも笑顔に!

〇パーティ会場は、グランピングテラス!
もともと披露宴会場プリムローズでビュッフェスタイルのパーティをお考えだったお二人。
「堅苦しくなく、挙式とメリハリをつけたい」というご希望を伺い、開放的なグランピングテラスをご提案しました。

〇楽しいパーティを♪
・からあげ検定をお持ちの友香さん、大好きなからあげタワーにタルタルソースをドリップ♪
 笑顔が溢れる楽しいセレモニーとなりました。
・手を使ったゲーム♪
 秋ということもあり、“どんぐり掴み取りゲーム”や“新婦の手を当てるゲーム”を開催♪
 結果、新郎は新婦の手を当てる事は出来ませんでしたが、楽しいお時間となりました(*^^*)


笑ったり、泣いたり、しっかりと想いを伝えることのできた1日。
これからも手と手を取り合い、笑いの溢れる家庭を築いていかれますように・・♪

Share hand

Share hand

Braidal Fairフェア一覧

Contact

お電話でのお問い合わせ

0859-48-5050

営業時間 9:00ー19:00