プリムローズガーデン 森と水の教会|鳥取の秀峰・大山を臨む結婚式場

TEL.0859-48-5050

Harmonious Days

Harmonious Days

Harmonious Days

スタッフ紹介
担当プランナー
糸原実鈴
  • 日どり挙式の日どり|2017年9月
  • 日どり会場|森のレストラン
  • 日どり招待人数|30人

Back Ground二人の背景

どんな時も本気で応援してくれた両親から 沢山の愛情を注いでもらったと話す新郎・祐太郎さん。
反抗期が凄くて泣かせてしまった事、困らせてしまった事も沢山あり本当に申し訳ない。
という気持ちと共に、ご両親へ大きな感謝をお持ちでした。

男手ひとつで育ててくれたお父様の事を「父であり、母であり、親友であり、先輩であり、地球上で一番尊敬する人」と教えてくださった新婦・香さん。
何かを決める時には、必ず道筋を作ってくれた事、今の自分があるのは父のおかげだと、深い感謝をお持ちでした。

お二人が出逢われたのは、共通のご友人のおかげ♡
二人で過ごすうちに、ずっと昔から一緒に居たような落ち着く空気を感じられた祐太郎さんと香さん。
この先もこんな時間が続く事、そしていつまでもずっと仲の良い私たちでいられますように…と考えておられました。

Harmonious Days

Conceptコンセプト

Harmonious = わきあいあい

大好きな皆が集まる1日。
いつもの私たちらしく、温かく和気あいあいとした時間にしたい。
そして、これまでの想いをしっかりと伝えたい。
この先の人生も仲睦まじく、大切な皆様との時間が続いていきますように…

Harmonious Days

Harmonious Days

Program & Itemsオリジナルのプログラムとアイテム

人前式
〇入場前にレターソングDVDを上映
 しっかりと想いを伝えたい…でも手紙にしたら絶対に言えなくなる。
 そんなお気持ちから、これまでの想いを込めた曲(レターソング)をお二人が作詞作曲。
 「ありがとう」と幼い頃のお写真が詰まったレターソングに、親御様も涙を流しておられました。

〇両家のお父様からの”誓いの問いかけ”
 これまで愛情いっぱいに育ててくれた親御様の想いを改めてお二人へ伝えて頂きました。
 「男手ひとつで育ててしまってごめんね。運動会や遠足のお弁当も可愛く作れなかったけど、文句も言わず美味しく食べてくれた事、本当に嬉しかったよ。」そう涙ながらに伝えておられたお父様。
 その言葉に新婦だけではなく、会場内に居る皆様も涙が溢れました。

披露宴
〇挙式後はガーデンにてドリンクサーブ♪
 お二人手作りの横断幕でゲストをお迎えし、可愛いストローをさしたドリンクを新郎新婦からゲストへご提供♪
 一人一人へ、”今日は来てくれてありがとう”と想いを込めてお渡しされました♡

〇数々の手作りアイテムでおもてなし
 ウェルカムグッズは勿論の事、会場内の至る所でお二人らしさを演出♪
 中座中には“ゲストへ少しでも楽しんで頂きたい”という想いから沢山のDVDを作成され、
 ゲストにも楽しみながらお待ち頂きました。

〇お色直しはカジュアルに♪
 音楽に合わせて、サングラスと帽子を被って登場♪♪
 堅苦しくなく、お二人らしく後半戦もスタートされました(*^^*)

〇親御様への記念品も手作りの品
 お互いのご家族を想いながら、お皿を手作りされたお二人。
 “これからも一緒にご飯を食べましょう”との気持ちを込めて親御様へプレゼント。
 お父様が「最後の最後まで泣かすなぁ。」と仰っておられた事がとても印象的でした。
 そして新郎お父様の謝辞では、ゲスト皆様への“ありがとう”と
 “素晴らしい息子に育ててくれた妻へ感謝している。ありがとう”と奥様への感謝も伝えておられました。

Harmonious Days

Harmonious Days